いきあたりばっ撮り

カメラを抱いた渡り鳥

ヤマセミさんは羽が命

野鳥は羽が機能しないと命取りになる。
飛べないと餌を獲れない。捕食者から逃げられない。渡りができない。伴侶を作れない。子育てができない。飛ぶことが命綱だ。
だから羽の手入れは大切な日課だ。
ヤマセミは餌を食べると何度も水浴びして滑りを洗い流したり、寄生虫を落としたりして、羽を乾かしながら羽繕いをする。
これは危険のない安全な場所でやるから、覚られなければ撮り放題だけど、飛び出し、水浴び、ランディングはまだクリアしていない。

いまは餌場は下流なので水浴びは観察ポイントよりちょっと離れた場所でやっていた。
イメージ 1


羽繕いには止まり木に来てくれた。

イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5


イメージ 6


イメージ 7


イメージ 8